医院概要・地図診療方針院内紹介院長・スタッフ紹介Q&Aブログ

痛くない治療(無痛治療)

インプラント当院では痛くない治療を目指しています。

「歯の治療は痛くて恐い・・・」
というイメージをお持ちの方は、
笑気麻酔(笑気呼吸鎮静法)や
局所麻酔を利用して
治療を受けていただくことができます。



笑気麻酔 笑気麻酔(笑気呼吸鎮静法)とは
小さなお子様から大人まで、歯科治療に不安やストレスを感じてしまう患者様に、よりリラックスして治療を受けていただくための方法が笑気麻酔(笑気呼吸鎮静法)です。
この方法は、欧米諸外国をはじめとして普及し、我が国でも30年以上の歴史があります。

笑気麻酔は、2種類の気体を使用します。
笑気 低濃度(30%以下)の、
ほんのり甘い香りのする無色の気体。
鎮静作用により、血圧や脈拍を安定させる。
酸素 高濃度(70%以上)の、無色・無臭の気体。
臓器組織への酸素量を増やし、
心臓や脳の働きを正常に保ちます。



笑気麻酔のメリット
1
患者様の不安感やストレスを和らげる
3 嘔吐反射を和らげる
2 痛みを感じにくくなります
4 笑気を用いても意識はあります
5 吸入を止めると素早く意識が回復し、数分で帰宅することができます

こんな患者様に向いています
1
歯科治療を嫌がるお子様や、治療に不安感、恐怖心、不快感を持っている人
3 高齢者
2 血圧の高い方や心臓に病気を持っている方
4 口の中を触られると吐き気を催しやすい方
5 インプラント治療を受けられる方 ・・・など

笑気麻酔(笑気呼吸鎮静法)の流れ
初日 鼻に吸入用マスクをかけ、きちんと鼻で呼吸できているか確認。
2日後 酸素と笑気が混合された気体を鼻から吸入し、効いてきた段階で治療を開始します。
吸入中はゆったりした楽な気分になり、痛みもあまり気にならなくなります。
1週間後 治療の終了に伴い吸入も終了。素早く快適に覚めることができ、治療後数分で帰宅できます。

→無痛治療Q&Aへ



局所麻酔
ほんだ歯科では、痛みのない局所麻酔にも取り組んでいます。

笑気麻酔のメリット
1
表面麻酔で刺入時の痛みを和らげる
3 超極細針の使用
2 専用の機械で麻酔液を体温と同じ温度に管理
4 できるだけゆっくりとしたスピードで、複数回に分けて麻酔液を注入する

以上のことを行うと、麻酔時の痛みを限りなく少なくすることができます。



痛みの少ない虫歯治療に取り組んでいます。
ほんだ歯科では、できるだけ患者さんの歯を削らないように、予防歯科を実施しております。
しかしどうしても削る必要のあるC2以上の大きな虫歯治療時の痛みを少なくするために、低速回転の虫歯除去の機材を導入しています。タービンなどの高速回転器具に比べて、痛みの少ない治療法です。
神経をできるだけ保存する、歯を削る量を最小限にすることが、患者さんの歯を長期で守るために必要だと考えています。

こんな治療に力を入れています
インプラント
ホワイトニング
小児歯科
小児矯正
予防歯科
無痛治療
かぶせ物や入れ歯は技工室で作成します



院内の衛生面について
院内感染防止について タービン滅菌について